自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税の基礎知識

車種別の違い

自動車税は、クルマを所有するとかかる税金で、道府県が課す税金なので、地方税です。税額はクルマの排気量によって違います。自動車税は毎年1回支払いますが、新車購入時は、購入月の翌月から翌年3月分までの月割り額を支払います。ただ、軽自動車の場合は月割り制度がないため、購入年度には税金はかかりません。

道路運送車両法の適用をうける自動車のうち、普通自動車と三輪以上の小型自動車が対象となります。税金は、毎年4月1日現在、該当する自動車を所有している人で、その自動車の主たる定置場がある道府県へ納付します。税率は、乗用車、貨客兼用車、トラックの車種別および営業用か自家用かの用途別の区分に加え、排気量や重量等の違いによって異なります。

車種別に見た、自動車税の金額は、乗用車の場合、1リットル以下=¥29,500(自家用) ¥7,500(営業用)。1リットル超1.5リットル以下=¥34,500 ¥8,500。1.5リットル超2リットル以下=¥39,500 ¥9,500。2リットル超2.5リットル以下=¥45,000 ¥13,800。2.5リットル超3リットル以下=¥51,000 ¥15,700。3リットル超3.5リットル以下=¥58,000 ¥17,900。3.5リットル超4リットル以下=¥66,500 ¥20,500。4リットル超4.5リットル以下=¥76,500 ¥23,600。4.5リットル超6リットル以下=¥88,000  ¥27,200。6リットル超=¥111,000 ¥40,700。

自動車税は、大きく分け、乗用車、トラック、バス、けん引車の小型自動車の4種類の分類となります。一般的に自動車税の金額は、緑ナンバー車両の事業用や特種用途自動車の8ナンバー車両の場合、自動車税の税率が低く設定されています。また最近は、環境保護などの観点から、ハイブリッドカー等の自動車税の優遇制度もあります。


[リンク]専門医の求人はここで探そう!

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る