自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税の基礎知識

重量税について

自動車重量税は、車検などの際、自動車の重量等に応じて課税される税金です。国税となり、国に対して申告納税します。通常は自動車購入時や車検時に納付します。原則として、その税額に相当する金額の自動車重量税印紙を自動車重量税納付書に貼り付けて納付します。 納税義務者は、自動車検査証の交付等を受ける者、車両番号の指定を受ける者となっています。

自動車重量税は、自動車購入時に3年分支払い、車検のときに2年分まとめて支払います。税額は自動車の重量によって変わります。自動車税は、乗ろうが乗るまいが、車があろうがあるまいが、ナンバーがある限りかかってきます。車が盗まれたり、燃えてしまっても、ナンバーを返納しない限り、自動車税は払わなければいけません。重量税は、道路を走ることでかかるもので、車検毎にかかります。車検を受けなければ、重量税は払う必要がありませんが、その代わり道路を走ることはできません。

税額は、乗用車の場合、自家用=車両重量0.5トン毎 6300円/年 事業用=車両重量0.5トン毎 2800円/年。貨物自動車の場合、自家用=車両総重量〜1トンまで 4400円/年 車両総重量〜2トンまで 8800円/年 車両総重量〜2.5トンまで 13200円/年 車両総重量〜3トンまで 18900円/年 以降1トン毎に 6300円加算。事業用=車両総重量1トン毎 2800円/年。

これ以外は、乗合自動車(バス)=自家用 車両総重量1トン毎 6300円/年 事業用 車両総重量1トン毎 2800円/年。軽自動車=1台あたり 4400円/年。二輪自動車=1台あたり 2500円/年。このようになっています。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る