自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税を節約するために

減税について

現在、排気ガスが綺麗な、いわゆるエコカー車などは、自動車税が軽減される制度があります。これの対象となる車は、ステッカーが貼られています。最大で50%引きになります。通常、車両の取得価格に対して普通乗用車で5%、軽自動車で3%の税金が課せられる自動車取得税については、現行のグリーン税制では最大2.7%の軽減といった形で減税が行われています。グリーン税制は、エコカーの普及を促進するために、政府が平成21年度の税制改正に盛り込んだもので、エコカー減税とも呼ばれます。

エコカー減税で対象となる自動車は、車重3.5トン以下の普通乗用車のうち、電気自動車やハイブリッド車などの「次世代自動車」と、一定の燃費と排出ガス基準を満たした「低公害車」です。次世代自動車で現時点で一般に市販されているのは、電気自動車、ハイブリッド車、クリーンディーゼル車となります。また、低公害車については、排出ガス性能が星4つの自動車で、かつ平成22年度燃費基準+25%達成車と同15%達成車が対象となります。

政府は、平成21年度の税制改正の中で、一定の基準を満たすエコカー(低公害車)に対しては、新車の場合に自動車取得税と自動車重量税を最大で100%軽減(免除)するなど、大幅な減税を盛り込みました。平成22年4月から3年間、現行のグリーン税制の特例措置として実施される予定です。また、車両重量に応じて年間の税額が定められている自動車重量税については、これまでグリーン税制でも減税の対象とはなっていなかったが、新たに減税の対象としています。

具体的には、自動車取得税及び自動車重量税ともに、電気自動車やプラグインハイブリッド車、一定の基準を満たしたハイブリッド車やクリーンディーゼル車など「次世代自動車」について、100%の軽減(免税)。排出ガス性能が星4つのクルマで、かつ平成22年度燃費基準+25%達成車の場合は75%の軽減、同15%達成車の場合は50%の軽減となります。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る