自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税を節約するために

自動車税納税証明書について

自動車税納税証明書には、継続車検用の納税証明書が付いているので、領収印を受けたあと、車検の時まで大切に保管しなければいけません。これがないと、車検を受けることが出来ません。自動車税の納税証明書は、その年度の4月1日現在、同じ都道府県内のナンバーの車か、その年度中に新規登録された車であれば、管轄に関係なく全ての県税事務所自動車税事務所で発行できます。4月1日以降に売買や引越しなどで他の都道府県からナンバーを変更した場合は、その年度中の納税証明書は変更前の都道府県が発行します。

紛失した場合、車検有効期間満了日の2ヶ月前から、自動車税事務所または最寄りの県税事務所の窓口で無料で発行してもらえるので、交付申請を行います。窓口での交付申請には、車検証(コピーでも可)と自動車税納税証明書(継続検査用)交付申請書が必要です。申請書は、自動車税事務所、各県税事務所に備え付けてあります。

社団法人 自動車整備振興会や財団法人 陸運振興財団(ナンバーセンター)内にある自動交付機で証明書を発行することもできます。タッチパネルの指示に従い、自動車の登録番号と車台番号下4ケタ(車検証で確認してください。)を入力すると交付されます。

軽自動車税は、4月1日以降に取得した場合、その年度の課税は免除されます。したがって、住んでいる市町村役場で「課税していない」と言う車検用の証明書を発行してもらえます。車登録地域の市役所(区役所)で発行してもらえば、これで車検を受けることが出来ます。譲渡などで軽自動車を手に入れた場合、名義変更時に税変更手数料が取られることになります。これで、現在の自分の管轄の市町村税に管轄が移ります。このため、現在住んでいる地区の、市町村役場で、継続検査用の納税証明書が発行されます。車検証を持って、自分の管轄の市町村役場に発行してもらえます。

[PR]病院の受付で働きたいアナタへ転職情報をお届け!

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る