自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

自動車税を節約するために

月割り税額について

年度の中途で新車を購入した場合、自動車税は、月割り税額で算出した額を登録の際に納めます。また、中古車など、一時抹消されている自動車を購入された場合でも、新規登録の際、月割りで自動車税の納付が必要になります。計算式は、年税率×(登録の翌月から3月までの月数÷12)(100円未満切り捨て)となります。ただ、他の都道府県からの自動車の転出入の場合、税額は月割りになりませんので、自動車税は還付されません。

年度の中途で廃車した場合、抹消登録した月の翌月以降分を月割り税額により計算した額が減額(還付)されます。計算式は、年税率(納めた額)から、年税率×(4月から抹消等をした月までの月数÷12)(100円未満切り捨て)を引いた金額となります。

4月中旬から5月上旬にかけて抹消登録をした場合で、1年分の納税通知書が来たときは、自動車税を納める前に最寄りの振興局税務部や税務課などに連絡します。抹消登録されたことが確認でき次第、減額した納付書を送ってもらえます。既に1年分の自動車税を納付している場合、後日、税金の還付の通知があるので、指定された金融機関の窓口に還付通知書と印鑑を持参すれば、月割り計算で抹消登録の翌月から翌年3月までの自動車税が還付されます。月割り税額に減額された場合、既に納付した税額との差額が還付されます。

軽自動車には、軽自動車税がかかり、市町村に納めます。軽自動車税の場合、自動車税のような月割り計算及びグリーン化税制はありません。4月2日以降に取得した軽自動車などについては、その翌年度から課税されます。反対に、4月2日以降に廃車したり、他の人に譲ってもその年度分については月割り課税や、納めた税の還付はありません。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る