自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

知っておいた方が良いこと

ナンバーによる違い

自動車のナンバーで、3ナンバーと5ナンバーの違いは、排気量だけでなく、ボディサイズでも区別されます。排気量が2000cc以下で、長さが4.7m以下、幅が1.7m以下、高さが2m以下だと、5ナンバーとなります。たとえ排気量が2000cc以下でも、ボディサイズがこれを越えれば、3ナンバーとなります。BMWの3シリーズは、1800ccでも車幅が1.7mを超えているので3ナンバーになります。ただ、自動車税は1800ccの課税となります。国産車はほとんどが排気量に準拠しています。

車の重量税と自動車税のうち、重量税の方は車体重量によって課税されるので、ナンバーによる違いはありません。自動車税の方は、排気量によって課税の区分が行われているため、当然、3ナンバー車の方が高くなります。自動車税の区分は、排気量が1000cc以下(自家用)が29500円で、そこから500ccごとに税額が上がっていくことになります。3ナンバーと5ナンバーの境界線は2000ccなので、5ナンバーの最高額は39500円、3ナンバーの最低額は45000円となり、結構違います。

5ナンバーは車検証上、小型車で、3ナンバーは普通車と分けられます。貨物車では、小型貨物は4ナンバー、普通貨物は1ナンバーになります。ボディサイズの境目や排気量の境目は、乗用車と同じですが、小型貨物と普通貨物は、自賠責保険料が違うほか、高速道路の通行料金も違います。

かつては、5ナンバーの小型車と3ナンバーの普通車では自動車税が違いました。しかし、平成元年の消費税導入時に、排気量別の自動車税へ移行して、自動車物品税が廃止されました。これにより、ナンバーによる自動車税の違いがなくなった、といういきさつがあるようです。ちなみに、立体駐車場の規格では、5ナンバー規格というものがあり、これにより、駐車場の係員が、小型なのか普通なのかを簡単に見分けられる、という意味もあるようです。道路の道幅制限にも、小型枠(1.7m未満という通行帯)というものがあります。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る