自動車税.com

自動車税.com HOME自動車税の基礎知識自動車税を節約するために知っておいた方が良いこと自動車税の今後

知っておいた方が良いこと

差し押さえについて

自動車税を滞納し続けると、役所の方から警告が来て、それでも応じない場合、所有している車を差し押さえられることになり、場合によっては、銀行からクレジット契約を解約させられることもあるようです。何か月分か滞納し、差し押さえの警告が来て、あわててまとめて納付しても、タイムラグから、既に差し押さえが執行されてしまう場合もあるので、注意しなければいけません。やはり、払うべきものはきちんと払うべきでしょう。

何ヶ月も滞納していて、一括で払うのにお金が無い、という場合、所轄の税事務所へ行って相談すると良いでしょう。場合によっては分割に応じてもらえることもあります。役所にしても、車を差し押さえて、すぐに競売にかけられるわけではないので、多少の猶予は見てくれるものです。差し押さえは、勤務先の給与を差し押さえすることも可能で、銀行名と支店名があれば 口座の預貯金の差し押さえも可能です。預貯金の差し押さえは、税金などの納付実績(情報)のある銀行とか、居住地近くの銀行支店に対して見込みで行うことが多いようです。

東京都主税局は、再三の督促に応じない悪質な自動車税滞納者について、所有する車の一斉差し押さえに乗り出したこともあります。本庁と各都税事務所から約180人を動員。駐車場などで車を確認のうえ、自宅や会社などを訪ね、滞納額の支払いを交渉しました。それでも支払いがなければ、車のキーを預かり、運送会社のドライバーが移送。連絡の取れない場合、車両に差し押さえ物件であることを明示した封印を張るなどして保管命令を出しました。

ただ、排気量3―35リットルの高級車でも、1年分の自動車税は5万8000円で、都は公売の結果、売却費用が税金を上回った場合には、滞納者に差額分を返還しました。

自動車税の基礎知識

自動車税を節約するために

知っておいた方が良いこと

自動車税の今後

このサイトについて

▲ページの上へ戻る